東京都小平市花小金井の浄土真宗本願寺派(お西)のお寺『法善寺』法善寺通信についてのご案内です。小平市・西東京市・東久留米市・小金井市・東村山市を中心に活動しています。

東京小平 浄土真宗本願寺派 法善寺 Home > 法善寺通信

法善寺通信

法善寺からのおたより

お経ってなんでたくさんあるのですか?

 

『お経』には何が書いてあるのですか。または、お経は何種類あるのですかという疑問を皆さんはお持ちになったことがありますか?最近はインターネットで調べればだいたいのことは分かります(間違った情報もたくさんありますが)。

『お経』はお釈迦さまの説法、いわば講義録みたいなものです。二千数百年前のインドでは、紙やペンも今みたいに手に入りませんし、話のメモを取るという習慣はなかったようです。ですから、お釈迦さまから聞いたお話をお弟子さんたちが記憶にとどめておくという形をとっていました。

しかし、そのような状態では、時が経つにつれて、内容が伝承されなくなってしまいます。そこで、お釈迦さまが亡くなった後、お弟子さんたちが編集会議を開いて、自分が聞いた教えを文字に記しておこうということになりました。これが『お経』です。

『お経』は、例外はいくつかありますが、ほとんど「私はこのように聞きました」という書き出しで始まります。つまり、昔聞いたお釈迦さまのお話をお弟子さんたちが思い出しながら紙に起こしたものということになります。

次に内容についてです。『お経』にはそれぞれのテーマがあります。

例えば、お金の悩みを持つ人と、健康に対する悩みを持つ人とでは別々の教えが必要になってきます。お金を増やしたいのか、減らしたくないのか、誰かに取られる心配があるのかなど、状況によって必要なアドバイス(教え)が異なってくると思います。

ですから、人間の悩みの数だけ教えが必要になってくるという理由でお経がたくさんあるのです。

さらに、悩みがある人にお経が必要であると言うと、「私にはこれと言って悩みはない」という人に出会うことがあります。

仏教では、今悩みがないと思っている人にも必要な教えがあると考えます。

皆さんも、今の自分にあったお経を探してみませんか?

 

2018.01.14

東京都小平市花小金井 浄土真宗本願寺派 法善寺 HOME

定例法話会のご案内

葬儀・法要について

家族葬について

本堂葬

御遺骨について

法善寺通信

法善寺の設備

年間行事

アクセス

サイトマップ

お問い合わせ:042-465-2524


▲ PAGE TOP